脱毛サロン

ハイパースキン脱毛ってどういったものなの?

 

脱毛を始めようとしていろいろなクリニックや脱毛サロンについて調べていると、脱毛方法にはさまざまな種類があることに気づきますよね。

 

医療機関のクリニックではレーザー脱毛、脱毛サロンでは光脱毛やハイパースキン脱毛があります。

 

こちらでは、これらのなかのうちの「ハイパースキン脱毛」について取り上げてみたいと思います。

光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応する特殊な光を毛根部分に当てて、毛根組織を破壊することで毛を生えてこないようにする脱毛方法になります。

 

ただし、熱の力を使って脱毛するので、やけど状態になってしまうことや痛みを感じることがあります。

 

 

一方、ハイパースキン脱毛というのは、痛みを感じないお肌にやさしい脱毛方法と言われています。

 

ハイパースキン脱毛も、熱の力で毛の種になる部分を破壊して、毛を生えないようにするものです。

 

しかし、80度前後の熱を発生させる光脱毛やレーザー脱毛と違い、38度という体温に近い温度の光を照射するので、やけどをする心配がありません。

 

また、照射する光の温度が低いので痛みも感じにくく、皮膚の薄いデリケートゾーンの脱毛を行う場合でも、ほとんど痛みはないようです。

 

 

さらにうれしいのが、美肌効果があるということです。

 

ハイパースキン脱毛で照射する光は、肌の奥にあるコラーゲンを活性化させてくれるので、お肌のキメが整うような美肌効果があるとされています。

 

実際に、「お肌がキレイになった!」と感じている方もいるようです。

 

 

ハイパースキン脱毛の効果の現れ方についてですが、光脱毛のように施術後に毛が抜けてくるというわけではなく、生えてこないので効果を実感しにくい傾向にあるようです。

 

施術を何回も受けていくうちに、毛の量が少なくなってから気づくというパターンが多いようですね。

 

 

脱毛によるお肌への負担や痛みが気になる方は、ハイパースキン脱毛を選ぶといいかもしれません。